日本の四季は和菓子から感じよう!旬な和菓子とは

日本の四季は和菓子から感じよう!旬な和菓子とは

春の和菓子と言えば桜餅

日本は春・夏・秋・冬と四季があり、その時期時期に美しい自然を感じる事ができます。四季を感じるのは季節の移り変わりだけでなく食べ物からも感じる事ができるのですよ。実は和菓子からも四季を感じる事ができ、その季節に合った旬な素材を使ったり、その季節に合った色や形となっているのです。春の和菓子と言えばやはり思い浮かべるのが桜餅ですよね。桃色の餠で餡子を包み、塩漬けした桜の葉でさらにくるみます。色や香りで春を感じる事ができますよね。

夏の和菓子と言えば水ようかん

夏の和菓子といえば水ようかんでしょう。ようかんは小豆、砂糖、寒天、水で作られており、水ようかんは通常のようかんよりも水の量いが多いのでさっぱりと食べる事ができるのですよ。夏には冷蔵庫などで冷やして、つるっと食べるととても美味しいですよね。竹の中に入っている種類の水ようかんなどはとても風情があります。また夏には寒天を使って金魚の泳ぐ姿をイメージした和菓子などもあり、目でも夏を楽しむことができるのです。

秋や冬の和菓子を知ろう

和菓子は季節によって楽しむことができますが、秋と言えば栗やサツマイモなどが美味しい季節なので和菓子にもふんだんに使われます。栗羊羹や芋きんつばなど食べ始めたら止まらなくなるという人も多いでしょう。そして冬には温かいおしるこやぜんざいが嬉しいですよね。雪の中帰ってきて温かいおしるこがあるとほっとしてしまいます。このように和菓子は四季の移り変わりと共に様な種類が作られています。目で見ても楽しめる和菓子はお客様へのおもてなしにも最適ですよね。

ずんだ餅とは、枝豆を茹でて薄皮を剥いた後にすりつぶして砂糖を加えた物を餅に絡めたもので東北地方を中心とした地域郷土菓子です。


アーカイブ