服装との相性を考えて選ぼう!時計の選び方について

服装との相性を考えて選ぼう!時計の選び方について

時計と服装を合わせることの重要性について

腕時計は、服装に合わせ選ぶことをおすすめします。腕の少ない面積を覆っているに過ぎませんが、腕時計は意外に目立ちます。特に、物を受け渡したり腕を動かしたりする場合には、自然と腕に注目が集まります。とはいえ、服装に遭った物を選んでいれば、それが相手に不快感を与えることもありませんし、ファッションの一部として印象が良くなります。したがって、購入する時計は、それをつける場所やその時の服装を基にして選ぶと良いでしょう。

会社に着けていくならシンプルな時計を!

会社勤めの方であれば、スーツを着る機会が多いでしょう。スーツはフォーマルな服装なので、それに合わせる時計もシンプルな物が適しています。例えば、ベルトがステンレスで銀色のタイプや、茶色や黒色の革ベルトを使った時計が似合います。もしここで、宝石や貴金属を用いた時計を使用していると、浮いてしまいますしイメージが悪いです。また、ダイバーズウォッチも大きくて厚くなっているため、スーツには不釣り合いです。取引先の人と会う機会もあるでしょうから、ビジネスの場ではシンプルな物がおすすめです。

日常生活で使う時計は好きに選ぼう!

一方、休日は好きな時計を自由に着けても問題はありません。プライベートな時間ですから、他人の目を気にする必要はないのです。ただし、おしゃれに気を遣う方であれば、ファッションとのバランスを考えた時計をつけると良いでしょう。例えば、クラシカルな服装を好む方ならば、革ベルトで薄めのボディーの時計が似合います。また、スポーティな服装が好みであれば、クロノグラフやダイバーズウォッチとの相性が良いです。いろいろな組み合わせが考えられますので、ファッションとのバランスを工夫して選んでみましょう。

高級時計のヨシダ


アーカイブ