念願の機械式時計!必要なメンテナンスとは?

念願の機械式時計!必要なメンテナンスとは?

定期的なメンテで一生モノ!オーバーホールを習慣に

高級な機械式の時計は、メンテナンスをすることを前提に作られていて、交換用の部品さえあれば、定期的なオーバーホールをすることで時計の寿命を延ばすことができます。オーバーホールとは分解掃除のことで、時計を一回分解し使われている部品を洗浄して油を差し、再度組み立てる作業です。機械式の時計はいくつもの歯車がかみ合わさって動く仕組みになっており、差してある油が蒸発したり、変質してしまうと歯車がすり減ってしまう原因となります。

オーバーホールのタイミングは?

はじめて機械式の時計を買ったけれどオーバーホールのタイミングが良く分からない、という声が良く聞かれます。次のような症状が出てきたらオーバーホールに出すタイミングです。「いつも通りぜんまいを巻いているのに、時計が動く時間が短くなった」、もしくは「時計の誤差が前より大きくなっている」などの症状に気がついたら、油切れや部品が摩耗している可能性がありますので、早めにオーバーホールに出しましょう。いつも通り動いていてもオーバーホールは機械式時計にとっての健康診断のようなものです。約4~5年に1度のペースで点検に出しましょう。

オーバーホールはどこに出す?費用は?

オーバーホールの依頼先は純正の部品を安定して供給できる正規代理店が安心です。機械式時計のオーバーホールにかかる費用ですが、メーカーやモデルより異なりますが、大体一回につき2~5万円ぐらいかかります。依頼する前に見積もりをとってもらえるので、あらかじめ金額を把握することが出来ます。「時計本体がものすごく高かったのに、その上定期的に何万も取られるなんて」という意見もありますが、オーバーホールは大切な高級時計を長く愛用するために必要なメンテナンスであることを知っておきましょう。

ウブロは高級時計メーカーです。メンズとレディスの販売があり、多くのスポーツで公式時計に認定されています。


アーカイブ